Research Grant
研究助成金について

磁気を用いて健康の維持及び増進を図る科学に関する基礎、応用研究に対する助成を行い、発展を推進し、豊かな国民生活の実現と我が国の経済社会の発展に寄付することを目的として設立されました。

第27回磁気健康科学研究助成・岡井治特別研究助成

公益財団法人渡邉財団は、磁気を用いて健康の維持および増進を図る科学(以下「磁気健康科学」という)に関する基礎及び応用研究に対する助成を行うことにより磁気健康科学の発展を推進し、もっと豊かな国民生活の実現と我が国の経済社会の発展に寄与することを目的として平成6年5月に設立されました。  当財団は、社会のニーズに応え磁気健康科学を推進するための助成を行うこととし、今回はその対象となる研究テーマを募集します。磁気を用いて健康の維持及び増進を図ることに係わる研究テーマで応募をお願いいたします。 今年度も、当財団元理事である故 岡井治氏からの寄付金をもとに「岡井治特別研究助成」を授与します。詳しくは応募要領の内容をご確認ください。この特別助成は来年度も予定しております。

30周年記念特別研究助成2020

当財団は、2024年に設立30周年を迎えます。30周年記念事業の一環として、2024年までの間、通常の助成額を増額し、研究期間を延長した「特別研究助成」を毎年行います。 2024年3月の記念式典において、研究成果発表会を開催する予定であり、磁気健康科学に対する将来貢献度が高い研究を募集します。



「第27回磁気健康科学研究/岡井治特別研究助成」と「30周年記念特別助成2020」の両方に応募することができます。

ご相談からご質問まで
お気軽にお問い合わせください